【解決事例】【不貞慰謝料減額】相手方の請求額から200万円以上減額した上で和解した事例

ご依頼者様は、ある日突然、弁護士から慰謝料請求の通知が届きました。

ご依頼者様のご事情を指摘する等して、交渉で慰謝料の減額を求めましたが、相手方は和解に応じず、訴えを提起してきました。

この訴訟の中でも、ご依頼者様のご事情を指摘する等して、慰謝料の減額を求めました。その結果、裁判所よりこちらの要望に近い額での和解案が提示され、最終的に和解にて解決することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です