【解決事例】【一般民事】【契約責任】合意に基づく金銭の支払いを求め、交渉により相当額の受領を実現した事例

ご依頼者様は、相手方から合意した金額が支払われないということでご相談にいらっしゃいました。

確かに、ご依頼者様と相手方との間に金銭の支払いに関する合意書は存在しませんでした。しかしながら、ご依頼者様と相手方との間のやり取りを確認したところ、金銭請求をすることができる申込みと承諾の意思表示を示すものがありました。

そこで、私達は、相手方に対して、合意に基づき金銭請求を行いました。

何度か相手方とやり取りをし、最終的にご依頼者様は数百万円を受領することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です