【解決事例】【相続】【遺留分侵害額請求】交渉にて、遺留分侵害額請求を行い、適正な金額にて和解を成立させました。

ご依頼者様の亡くなられた親が遺した遺言は、ご依頼者様以外のお子様に、ほぼ全ての遺産を遺す内容でした。もっとも、ご依頼者様としては、裁判までは望んでおらず、交渉での解決を希望されていました。

まず、私達はご依頼後、遺産の評価等を行い、遺留分侵害額を確定し、相手方に対して、遺留分侵害額請求の意思表示をしました。

その後、相手方と何度か書面等でやり取りをし、最終的に適正額にて、和解をし、本件を解決することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です